Mary Jane(メアリー・ジェーン)

Mary Jane(メアリー・ジェーン)

d_new_mary-jane

Profile

大工、ウェイトレス、管理人、室内装飾、秘書、乳搾り、野生、森林警備隊、環境保護、起業家、作家、トレンド・セッターとメアリー・ジェーン・バターズは毎日沢山の帽子やエプロンを着こなします。 誰もこの現代のファーム・ガールより誇らしげに着こなせる人はいません。彼女のオーガニック・ライフ・スタイル雑誌”Mary Jane Farm”は全国版で、彼女は4冊の本の作家であります。最近では”Glamping with Mary Jane”(メアリー・ジェーンと魅力あるキャンプを)があります。魅力とキャンプを組み合”わせて作りだす間に、その種では合衆国初の”Wall-tent B&B”(テントの朝食付き宿泊施設)の始まりによって、実用性が高いハウツー本になり、メリー・ジェーンのサイン、ファーム・ガールの魅力が沢山ある豪華キャンプ(グランピンング)ガイドの決定版です。 アイダホのモスコウの彼女の農場で作られた60種類の自然食品惣菜は、彼女のシンプルな自然生活雑誌の読者、人気のブログの”Raising Jane”の読者に販売されています。加えて、彼女は、プロジェクトF.A.R.M.(第一級アメリカ農村産計画)の発起人です。トート、キルト、人形などを作る農村の女性を雇う組織です。ワシントンのオークスデイルにあるバロン製粉工場を経営し、小売店2店舗アイダホのコーダレンと故郷であるアイダホのモスクワを所有しています。彼女自身のラインで900以上の百貨店に寝具や室内装飾品を企画、販売しています。ビジネスはさておき、メアリー・ジェーンは、「お婆ちゃんになっていくこと」がこれまでの一番大切な教養だったという事を自慢するのが好きです。彼女は6人の孫を子守します。 2人の成人した子供と配偶者を彼女の農場でフルタイムで雇っています。 さらに彼女のファームとビジネスに付け加えて、メアリー・ジェーンは4000人の「農場娘姉妹」の中で一番娘で有名です。成長している、全国から集まった、都会と田舎の両方を装った女性の活発な集団、その人たちは、ファーム・ガール・ドリームやビッグ・ファーム・ガール・ハートをメアリー・ジェーのファームガール交流チャットルームやガール・ガブ・ブログを通じて共に情報交換します。

Mary Jane ButtersのFABRICS